未分類

見えていないもの、見ていないもの

生きている中で自分が見えていないことは、いっぱいあります。自分が興味のないことは、自分の世界の認識から完全に抜け落ちています。 例えばコロナウィルスの報道で”国内死者400人超す”という報道。 多いと感じますか? 実は、...
未分類

こんな時代に、人がほんとうに欲しいものってなんだろう?

ひとつ質問がございます。 ひとりひとりが生きていく時代に、一番頼りになるものはなんだと思いますか? 健康 お金 土地 能力 いろいろな考えがあると思います。 ではなぜ、それらを求めるのでしょう。 ...
未分類

そもそも、健康とはなんじゃらほい?

健康と聞くと、健康になる。というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?健康というのはどこか、外側にあるようなイメージを持っていないでしょうか。 人が健康を求めるのはなぜでしょうか。 それは生きるためです。 健康...
未分類

日本人特有の感覚: 鮮烈さ

日本特有の感覚に"諸行無常"という考えがあります。 すべては、移ろい変化していくという考え。それは、生の隣には常に死があるという感覚、それがあってこそ、生まれた考えだと思います。 昔の日本人は次の瞬間なにが起こるかわからない世...
未分類

健康という思い込み

健康不健康というYES,NOではなく、いまの身体の状態があるのです。 その状態を自身で変えたいなら、変えればいいし、それでいいならそのままでいいと思います。健康不健康ということを考え出すと、悪いところの方にばかり目が行くと思います。...
未分類

ずっと健康でいるという”まやかし”

身体はつねに変化しているので、その時の身体の状態があります。 それを一概にここが悪い、良いと思い、区別するのではなく、その時身体が、どんな状態かというのを自分で把握できているのが良いと思います。 つまり健康でつねに変わらない良...
未分類

“せせらぎの白い薫り”という名前

”せせらぐ”というのは 三省堂 大辞林 第三版によると 水が浅瀬を小さい音と立てて流れる。 またはその流れ。なんとも風流な意味合いです。流れるということは大切で、常に動き、変化するということです。つねに流れつづける。それが新たな流れをうみ...
未分類

逢花「花に逢えば、花を味わう」

逢花打花逢月打月 「花に逢えば花をたし、月に逢えば月をたす」 禅の言葉で「花に逢ったら花を味わい、月を見たら月を味わう」 打と書いて、たす。「たたく」という意味ではありません。 打すとは、ほんの束の間。その一瞬。 ...
未分類

人生いろいろ

1度やってみると面白いことは自分の年齢 x 365日 x 8時間 一日の24時間中、半分は睡眠、掃除、洗濯、風呂、食事、その準備と後片付け、移動時間。そう考えると実質、何かしているのは8時間程度と考えます。 そうすると自分が今...
未分類

温熱セラピー 最初はどう受ける?

最初はどう受けたらいい? 最初は体温をある一定の高さまで上げる為、最低三回は連続で受けることをオススメしています。そうすることで。ご自身の身体の変化、熱の入り具合の変化を、体感として実感していただきたいという思いもあります。温熱セラ...